タグ別アーカイブ: 留学生、中国、日本

<在日中国人のブログ>中国人は“金目的の日本留学”を今すぐ止めるべき

Record China 2月28日(月)13時31分配信

<在日中国人のブログ>中国人は“金目的の日本留学”を今すぐ止めるべき25日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊編集長は「中国人は今すぐ日本留学の『大変さ』と決別すべきだ」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。写真は10年6月、北京で開催された国際教育博覧会。

2011年2月25日、華字紙・日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長は「中国人は今すぐ日本留学の『大変さ』と決別すべきだ」と題した記事を中国のブログサイトに発表した。以下はその内容。

青森大学で発覚した中国人の「ニセ留学生」事件が日本社会を騒然とさせたばかりだが、今度は学校ぐるみで中国人留学生の不法就労を手助けしていたデザイン専門学校が摘発され、理事長らが書類送検された。いずれも背景には「高額の学費」という問題がある。
中国のインテリは昔から「万巻の書を読み、千里の道をゆく」の精神で知識を深め、視野を広げた。改革開放直後の中国でも多くの中国人が大志を胸に海を渡っていった。当時は「留学生」といえば「エリート」の代名詞だった。
今でも留学はステータスに変わりなく、親は多額の借金を背負ってまで子どもを海外に送り出す。だが、残念なことに日本には現在、8万人の中国人が留学しているが、日本を選んだ理由は大半が「欧米より基準が緩いから」だ。とにかく1度留学して箔が付けば良いだけ。「箔」ではなく「金」が目的だという人もいる。
だが、いくら貧困地域の出身でも、親の経済的負担を軽くするためでも、通学せずアルバイトをして良いという理由にはならない。学費の負担を軽くしたければ、真面目に勉強して奨学金をもらうべきだ。貴重な青春を辛いアルバイトに費やすなんてもったいない。ビクビクしながら不法就労に明け暮れ、ビザが切れたら帰国する。友人・知人からは「大金を持って帰ってきた」と羨望の眼差しで見られるかもしれないが、金以外に留学で得たものはあるのか?
留学とは本来そういうものではない。以前、台湾の女子大生が半年の予定で日本留学にやってきた。彼女は複数のデザイン学校で学びながら、余った時間で生活費を稼ぐためアルバイトをしていた。そして半年後、彼女は自分の作品を満足げに携えて台湾に戻って行った。こういうスタイルなら高額な学費はかからないが、「研さんを積む」という目的はきちんと達成できる。
留学とは本来、視野や知識を広げ、人間的な魅力を高めるためのものである。中国人は今すぐ「箔」や「金」のための留学を止めるべきだ。これ以上、劣悪なイメージを世界に与えるべきではない。(翻訳・編集/NN)

日中GDP逆転、在日中国人留学生はどう見ているか―米紙

Record China 2月15日(火)19時10分配信

2011年2月14日、中国の昨年の名目GDP(国内総生産)が日本を抜いたことについて、在日中国人留学生はどう見ているのか?米紙ウォールストリート・ジャーナルが伝えた。
週明けの14日、日本は1つの時代に終わりを告げた。世界第2位の経済大国の座を中国に明け渡したのである。だが、在日中国人留学生たちはこれを冷静に受け止めているようだ。早稲田大学大学院の博士課程に在籍する謝(シエ)さん(28)は「GDPは目的ではなく、経済成長のための道具。それよりも国民がどれほど気持ち良く生活しているかが大事。日本の暮らしは快適だ」と話す。
謝さんによれば、中国の1人当たりGDPは日本のわずか10分の1で、GDPの数値からは分からない多くの問題が存在する。例えば、農村部の貧困、汚染、国民の自由の抑圧など。多くの地域で先進国では当たり前となっているインフラ設備が整っていないのが現状だという。
このほか、東京の大学院に通う李(リー)さん(27)は「中国に抜かれたからといって、日本は劣等感を持たなくても良い」と話す。「日本は前進していないだけで、後退はしていない。経済成長著しい中国と比べれば衰退したと思われるかもしれないが、ハイテクなど多くの分野で優勢を保っている。本当の意味で中国が日本に追いつくのは容易なことではない」との見方を示した。
記事は、これが中国から日本に大挙する留学生たちの本音だと指摘した。日本学生支援機構(JASSO)によると、中国人留学生の数は2004年以降、最多を占めており、2010年5月の時点で全体の61%を占めた。2010年通年では前年比9%増の8万6000人に上っている。(翻訳・編集/NN)

就労目的で日本入国の留学生が問題化、中国人学生が多く―中国メディア

Record China 1月16日(日)18時13分配信

2011年1月15日、留学の名目で日本に入国しながら実際には就労を目的としており、就学を放棄している留学生が問題となっている。中国新聞社が日本の華字紙の報道を引用して伝えた。
このほど、青森県の青森大学で問題が表面化している。留学生のほとんどは中国人。同学は06年より中国人留学生の受け入れを開始した。中国・北京市と内モンゴル自治区の日本語学校3校と提携し、同学の在学生のうち日本語能力試験で相応の成績を収めた者を対象に受け入れていたが、彼らの大部分が入学後にほとんど授業を受けていない状況となっている。彼らは東京や愛知など県外に在住し、アルバイトに従事しているという。学校側から連絡をしない限り登校せず、入学時に提出した学費支払い能力証明などの書類も偽造のケースが多い。
こうした状況を受け、とくに中国人学生を対象に同学では留学生の就学状況について詳細調査を開始。08~10年の期間に学籍管理に関する校則に反したとして140人を除籍処分としている。今月中にも、提携先の3校との関係解消を含めた処分と対策を行う見通し。(翻訳・編集/愛玉)

  • 確かに中国人留学生の中では就労目的で、或いは非法滞在者になってる人が多い。これは日本の入国管理局でも把握していると思う。問題はこういう中国人のせいで、本当に勉学を目的に、真面目に勉強している中国人には大きな迷惑。
  • 報道の青森大学はどんな大学かよく分からないが、大学入試も形だけで、授業料さえ払えば留学生を受け入れる大学がどこかにはある。所謂Fランクの大学。日本の少子化に伴って、学校の運営も苦しくなってるみたい。ビザ延長のため、アルバイトして、授業料を払っている中国人留学生もたくさんいるだろう。最後払えなくなると、非法滞在に、、、という流れかな。友達から聞いた話ですが、非法滞在の人は自転車に乗らないというのだ。最初はえっ?何故?と思ったが、それが自転車に乗ると、しばしば警察に尋問され、非法滞在がばれるからと言う。そこまでする必要があれば、帰国すればと私は思うんですが、、、、