タグ別アーカイブ: 留学生

「ニセ中国人留学生」事件の教訓、日本で最も大切なのは「信用」―華字紙

Record China 1月28日(金)0時33分配信

「ニセ中国人留学生」事件の教訓、日本で最も大切なのは「信用」―華字紙

2011年1月25日、華字紙・日本新華僑報は青森大学で発覚した「ニセ留学生」事件を受け、「日本の社会は信用が第一。中国式は通用しない。郷に入れば郷に従え」と苦言を呈した。以下はその内容。

先日、ついに日本社会が中国人の「不誠実」にメスを入れた。青森大学で140人のニセ中国人留学生が除籍されたのだ。日本は何よりも信用を重んじる社会。中国のように父親の肩書によって態度を変える人はいない。人の価値を測る基準は「本当のことを言っているかどうか」だ。
青森大学の教授にこの事件について聞いてみた。教授は「実は彼らのほとんどは農村の出身。それをわざわざ父親の職業を『市長』と書いたり、貯金の額を実際よりかなり多く書いたりしていた。だが、そうせざるを得なかったのかもしれない。彼らも可哀そうだ」と語っていた。
この事件をきっかけに他の大学でも調査を開始したというが、ウソが判明すれば「文書偽造罪」で逮捕、強制送還される可能性もある。先日は広島大学で博士号を取得した中国人留学生の論文が、実は慶応大学准教授の著書をそっくり写しただけのものだったと判明し、博士号をはく奪された事件もあった。
日本では親の肩書にこだわる人はいない。例えば父親がド田舎に住む農民だと打ち明けたとしよう。日本人は却ってそんな境遇から自力で日本留学を果たしたあなたに敬意を表すはずだ。中国のように父親がお偉いさんであるのを良いことにやりたい放題の人もいない。
筆者が小さい頃は両親から「知らない人に本当のことを話すな」と教えられてきた。当時の中国はそういう時代だったのだ。だから筆者もウソをつくことを覚えた。それが別に悪いことだとは思わなかった。
だが、日本の親は子どもに「どんな時でもウソをついてはならない。ウソをつくくらいなら何も話すな」と教える。だから日本にはずる賢い子どもが少ないのだ。中国では時にずる賢くなければ生きていけないことも筆者は分かっている。だが、少なくとも日本に来たら、郷に従って本当のことを言うべきだろう。(翻訳・編集/NN)

広告

中国人留学生が1年間で30%増加、出身国別でトップに―米国

Record China 12月30日(木)13時3分配信

中国人留学生が1年間で30%増加、出身国別でトップに―米国

拡大写真

26日、各国からの留学生が軒並み減少傾向にある米国の大学で、中国からの留学生はこの1年間で30%増加し、12万7628人に。写真は高卒生の海外就学をPRする中国の留学説明会。

2010年12月26日、北米最大の華字紙・世界日報は、経済成長著しい中国から米国の大学に留学する中国人学生の数が大幅に増加していると伝えた。
【その他の写真】
ペンシルバニア州のインディアナ大学では3年前にわずか32人しかいなかった中国人留学生が、今年は約3倍の106人に。同じくペンシルバニアの州立大学では今年1638人の中国人留学生を有しているが、昨年より38%増えたという。ピッツバーグ大学やカーネギーメロン大学にはそれぞれ789人と782人の中国人留学生がいるが、これもまた昨年より2ケタの割合で増加している。
関係部門の報告書にとると、現在最も多くの留学生を米国に送り込んでいる国は中国だという。専門家によれば、中国人留学生は大都市の有名大学だけでなく地方都市の小規模な大学にも存在。最近では中国の大学と提携している大学も増えており、米国の大学の未来にとって中国人留学生はもはや必要不可欠な存在に。全米の各大学に在籍する中国人留学生の総数は09~10年度の1年間で30%増加して12万7628人となり、初めてインド人留学生の人数を抜き各国のトップに躍り出た。中国の中産階級の親たちが一人っ子の教育に多くの資金をつぎ込むようになったことが背景にあると専門家は指摘している。
留学生の出身国別人数はトップ5が中国、インド、韓国、カナダ、台湾。多くの国では減少傾向が見られる中、中国出身の留学生数の伸びは著しい。(翻訳・編集/本郷)

<在日中国人のブログ>日本人の基本精神は「人様に迷惑をかけない」

  • (Record China)
  • 2010年11月22日、「携帯はいつもマナーモード、犬は必ずリードをつけて散歩―日本人の基本は『人様に迷惑をかけない』」と題した記事が中国のブログサイト・新浪博客に掲載された。筆者は日本で働く中国人。以下はその内容。

    日 本人は常に「人様に迷惑をかけない」よう細心の注意を払いながら生活している。では、一体どんなことが「人様に迷惑をかけない」ことなのか。基本精神は 「自分勝手はいけない、常に人様の気持ちを考えて行動する」ことだ。例えば、日本では犬を外に出す時は必ずリードを付ける。犬を放し飼いにすることは人様 の迷惑になる行為だ。

  • 筆者が来日したばかりのころ、中国の習慣が抜けず8時に出社していた。就業時間は8時半だ。ところが、通訳の女性から「早すぎるのは良くない」と注意を受 けた。他の人がプレッシャーに感じるからだという。確かに日本人社員はみな判で押したように「ちょうど良い時間」に出社し、早く来すぎても誰にも知られな いよう配慮していた。

    知り合いの中国人教授が路地を歩いていた時、背後に車の気配を感じた。最初は気にしていなかったが、ずっと後ろを付 いてくる。何事かと振り返ると、自分が道をふさいでいたことに気づいた。車はクラクションも鳴らさずに教授が気付くのを待っていたのだ。教授は自分が悪 かったとすぐに端に寄ったところ、逆に運転手から「すみません」と謝られた。

    筆者が近くの市民プールに行った時、ロッカーでの着替えの最 中、背後にずっと子どもが立っていた。さして気にせず、悠々と着替え荷物をまとめその場を離れた途端、その子は私の隣のロッカーを開け始めた。なんと、その子は私が終わるまでじっと順番を待っていたのだ。これが筆者だったら早々に「どいて」と言っていただろう。

    日本人は人前であまり音を立 てない。食事は静かに食べ、携帯電話は常にマナーモード。それに、やたらとヒソヒソ話をする人が多い。口に手をあて何やら話すのは中国では失礼な行為にあ たるが、日本では教養が高い人のすることらしい。サプライズで友人の家を訪ねるのもご法度だ。招待されたら行って良いが、その際は必ず「お邪魔します」 「お邪魔しました」と言う。とにかく人様の邪魔になってはいけないらしい。

私の感想:私も日本生活が長くなったからか、バイクに乗っていても、クラクションを鳴らしたことがない。狭い道では、歩く人、自転車に乗ってる人を優先するようになった。中国だったら、多分、クラクションを何度も鳴らしたかも、、、

以前コンビニでバイトをしていた時、1万円札を出すお客さんは何時も”すみません”と言った。中国人の私には最初理解できなかった。自分のお金を出すのに、何故”すみません”というのか。やはり千円札より、万円札のほうが、おつりを返すのが面倒、店員さんに迷惑をかけるので、、、、ということだった。中国人は中国で一番大きい札100元を堂々と出し、”すみません”とは言わない。むしろ言ったら、相手に頭可笑しいのではと誤解されるかも。。。(笑)

以前コンビニLAWSONでバイトしていたごろの私

© 2010  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★ All rights reserved.

留学生無料見学施設ー神戸ポートタワー

 SONY DSC

一昨日、神戸海洋博物館以外に、隣にあるKobe Port Towerも留学生無料見学施設の一つだったので、そこにも行った。

Kobe Port Towerは世界初のパイプ構造の建造物で、和楽器の鼓を長くしたような外観が特徴である。その独特の構造・形状から「鉄塔の美女」とも称され、高層建築物のモデルの一つとなっている。また日本で初めてライトアップされた建造物でもある。

先日登った通天閣と一緒に、このKobe Port Towerも日本の20個の有名タワーの一つ。これで、20個の内、2個は既に征服した感じ:)

特に、展望台にあるラウンジ(喫茶店)がかなりお気に入り。約10何分の間、座っただけで、席が360度回転するので、上から神戸の周り360度全部見える。いつか夜行ってみたい。夜景が綺麗だろう。

写真載せる。

DSC02654

回転式ラウンジでIce Coffee, 500円

DSC02652

展望台で

© 2010  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★    All rights reserved.

留学生無料見学施設ー神戸海洋博物館・カワサキ・ワールド

昨日の午後、留学生なら無料で見学できる施設である神戸海洋博物館へ行ってきた。 海事博物館としては世界有数の規模であり、1987年に神戸港開港120年を記念して開館。

DSC02634中には川崎重工記念館もあった。川崎といえば、大型バイクで有名ですが、それ以外に、新幹線、造船等でも有名らしい。素晴らしい記念館だった。

通常ならチケットが要るんですが、留学生なので、無料。

写真載せる。

Kobe_maritime_museum2

DSC02633

DSC02639

龍馬服?を着て、坂本龍馬と。

DSC02643

俺は船長???

© 2010  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★    All rights reserved.