タグ別アーカイブ: English

米国人が最もイライラする言葉、「どうでもいい」

ロイター 12月15日(水)18時3分配信

 [ニューヨーク 14日 ロイター] 米マリスト大学の調査で、米国人が最もイライラする英語表現は、2年連続で「whatever」(どうでもいい)だったことが分かった。
 調査に回答した1020人の米国人のうち、約39%が不快な言葉に「whatever」を挙げ、28%は「like」(という感じ)、15%は「you know what I mean」(分かるでしょ)を選んだ。
 マリスト大学のMary Azzoli氏は、「これらの言葉は映画などのポップカルチャーによって浸透し、よく使われている」と説明。「whateverは使い方によっては、人を見下しているように受け止められる」と話し、その言葉を使う状況によっても意味が変わることを指摘した。
 そのほか、「to tell you the truth」(実を言うと)や「actually」(実は)も、多くの人から最も不快な表現に挙げられた。

“Whatever” voted most irritating word in U.S. poll

NEW YORK (Reuters Life!) – Whatever you think about using grating words, at the end of the day it’s actually better not to say whatever, if you know what I mean.

For the second consecutive year “whatever’ topped a Marist poll as the most annoying word or phrase in the English language.

Nearly 39 percent of 1,020 Americans questioned in the survey deemed it the most irritating word, followed by “like” with 28 percent and the phrase “you know what I mean’ at 15 percent.

“Perhaps these words are introduced through popular culture, for example movies … so they catch on,” said Mary Azzoli, of Marist. “It has a lot to do with how accepted and how popular they become in every day speech.”

Azzoli said words like “whatever” can be quite dismissive depending on how they are used.

“It’s the way they are delivered and inherent in that delivery is a meaning.

The phrase “to tell you the truth” and “actually” were also unnerving to many people. But for younger Americans, aged 18 to 29, “like” was the word that annoyed them most.

(Reporting by Bernard Orr; Editing by Patricia Reaney)

広告

中国で英語が必須に、国際化推進はかる―米メディア

Record China 11月20日(土)16時40分配信

2010年11月15日、米ABC放送が「中国人が英語を学んで、中国の国際化推進を図ろうとしている」と報じた。中国メディア・環球網が16日付で伝えた。

中国では今後5年間で、40歳以下の公務員全員が、最低でも英単語1000語以上をマスターすることを求められるほか、幼稚園からすべての学校で英語の教育課程が設けられることになった。中国政府はまた、外国語教育に携わる教員の養成にも多額の資金を投じることを決定しており、新たな外国語教育モデルの構築や教材の編集を積極的に支援していく。
一般市民の間でも外国語、特に英語を学ぼうとする気運が高まっている。ある夫婦も子供を語学学校に通わせているが、子供はまだ2歳。「10歳になる頃には、この子は外国語がペラペラになっているはず」と期待をかけている。ある男の子は「中国は重要な存在になってきているから、アメリカ人も中国を勉強して話せるようになれば、お互いに仲良くなりやすくなると思う」と話している。