タグ別アーカイブ: Japan

松屋の豚丼

今日は松屋で豚丼を頼んで食べた。

お手頃な値段で、吉野屋とは違って、味噌汁が付いてくるのが魅力。

生姜と一緒に食べると妙に美味い。

確か松屋は中国の大都市にも進出している。中華とは違う風味。

5727103127_c2b2cb90a1_b

© 2011  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★ All rights reserved.

外国人居住者59.4万人、日本人は6.6万人で3位―中国

Record China 

2011年4月29日、中国国家統計局は2010年11月1日現在の中国本土における香港・マカオ・台湾籍及び外国籍居住者の状況を発表した。それによると、中国本土に3カ月以上居住している外国人は59万3832人で、最も多いのは韓国人、次いで米国人、日本人だった。

発表によると、香港籍の居住者は23万4829人、マカオ籍2万1201人、台湾籍17万283人で、外国籍居住者は59万3832人だった(注:いずれも3カ月以上の居住で、出張や観光などの目的を除く)。
上記の計102万145人の訪中目的は、ビジネスが20万4962人と最も多く、就業20万1955人、学習(留学)20万2482人、定住18万6648人、親族訪問10万113人、その他12万3985人だった。
居住地区別では、上位10位は広東省31万6138人、上海市20万8602人、北京市10万7445人、江蘇省6万4177人、福建省6万2564人、雲南省4万7396人、浙江省3万6380人、山東省3万3098人、遼寧省2万3834人、広西チワン族自治区2万3445人だった。
外国籍居住者の出身国別では、韓国が12万750人と最も多く、米国7万1493人、日本6万6159人、ミャンマー3万9776人、ベトナム3万6205人と続き、以下カナダ、フランス、インド、ドイツ、オーストラリアの順だった。(翻訳・編集/HA)

病院でこれが。。。

今日通訳で患者さんと大阪のとある病院へ行った。

病院のロービーで写真のような飾りを目にした。

何か戦国武将みたいな感じがするけど、なぜこれが病院に飾られてるのか、

意味が分からない。先ず中国の病院にはない飾り。

武将が患者さんを守ってくれるの意味かな、、、???

5662830432_d71df71985_b

© 2011  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★ All rights reserved.

震災で一旦は帰国したものの…日本に戻る中国人が増加中―中国メディア

Record China 

2011年4月19日、中国・北京の出入国検査機関の統計によると、東日本大震災の影響で便数が減っていた日本行きのフライトが通常に戻り、乗客の数もほぼ震災前の水準に戻りつつある。中国新聞網が伝えた。
東日本大地震で一旦は帰国した中国人たちが続々と日本に戻り始めている。北京の出入境辺防検査総站によると、震災後の状況が落ち着きを見せ始めると、日本に戻る中国人の数も増加。日本での生活が長い人ほど、そう簡単には生活の基盤を移せないようだ。
この日、北京の首都空港から日本行きのフライトに乗る手続きをした呉(ウー)さんは来日10年。見送りに来た両親の涙に後ろ髪をひかれながらも、3歳の息子を連れて日本に戻る決意をした。「仕事も家庭も東京にあります。放射能汚染や景気の落ち込みは気になりますが、帰らないわけにはいかないんです」と話した。
だが、中には一旦は日本に戻ることを決めたものの、空港で搭乗手続きをしている最中にキャンセルした人や、飛行機が離陸する寸前になって「やっぱり降ります」と言った留学生もいたという。(翻訳・編集/NN)

「中国人留学生は韓国より日本を好んでいる」=韓国メディア

サーチナ 

 韓国貿易協会・国際貿易研究院が18日に発表した「韓国と日本の中国人留学生誘致戦略比較研究」によると、中国人留学生の日本留学に対する満足度が、韓国に比べて高いことが分かった。韓国メディアは、同調査結果について「中国人留学生は韓国より日本が好き」と報じた。
 国際貿易研究院は、日本と韓国への中国人留学生(それぞれ153人と373人)を対象に、専攻関連専門性や卒業後の就職などに関するアンケート調査を行った。日韓両国における専攻分野の専門性に対する満足度では日本が71.7%、韓国が57.7%が満足と回答した。
 卒業後の就職については、韓国内の中国人留学生の48.6%は卒業後に帰国すると答え、韓国で就職を希望する留学生は17.8%しかいないことが分かった。一方、卒業後に日本で就職したいと答えた日本の中国人留学生は44.1%だった。
 また調査で「知人に留学を薦めるか」という質問には、韓国の中国人留学生のうち76.7%が知人に韓国留学を薦めると答えたが、日本の場合は日本留学を推薦したいとの回答が91.5%に達した。
 韓国内での留学生活において、中国人留学生が言語問題や学友との関係などに困難を感じていることも明らかとなり、韓国メディアは、留学生の語学能力を向上させることと、同好会など授業以外の交際活動の活性化も必要だと指摘した。
 韓国企業が留学生という高級人材を活用し、グローバルマーケティングを強化するために、留学生の採用基準を日本より下げるべきとの見方も示されている。国際貿易研究院の関係者は、中華圏市場への韓国の輸出比重が高まりつつあり、中国内需市場の攻略が必須となる今、「中国人留学生の役割が一層重要になる」との考えを示した。(編集担当:永井武)

キム・テヒ、韓国俳優で初めて日本ファッション誌の専属モデルに

  女優キム・テヒが韓国の俳優では初めて日本ファッション誌の専属表示モデルになった。
  所属事務所の関係者は、キム・テヒが日本ファッション誌「25ans」と1年専属表示モデル契約を結び、3月から表紙を飾っている、と明らかにした。
  2012年2月まで「25ans」のカバーモデルとして活動するキム・テヒは、日本のマネジメント会社スイートパワーと専属契約を結び、本格的な日本進出を準備している。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=138837&servcode=700

「日本の野心を示す」日本地図が話題…韓国で非難殺到「荒唐無稽」

サーチナ 

 韓国インターネット上でこのほど、日本領土と領海および、大韓民国の境界線が示された日本地図が公開され、話題となっている。複数の韓国メディアも同地図に注目し、「荒唐無稽」な日本地図に韓国ネットユーザーの非難が殺到していると報じた。
 韓国メディアによると、インターネット上のコミュニティサイトを通じて急速に広がった同地図には、日本領土と領海の境界線が赤色で、韓国の境界線が青色で表示されている。

18050_15954_5042
 問題となっているのは、赤色線内に含まれた領土には竹島(韓国名:独島)はもちろん、日本が中国とともに領有権を主張する尖閣諸島(中国語:釣魚島)やロシアとの領有権紛争のある北方領土まで日本領と表示しており、日本領のサイズが韓国領の10倍以上に見えるという。
 韓国メディアは、同地図に接した韓国のネットユーザーが反発の声を高めていると紹介。ネットユーザーらは「日本の途方もない野心をみせる地図」、「アジア全域を日本領にする気か」、「独島に対する日本の野欲に腹が立つというよりは、もう当惑するほどだ」などと、あきれるという反応をみせていると伝えた。(編集担当:永井武)

日本でも“上有政策、下有対策”か。

私は今免許の勉強中。技能試験と学科試験があり、両方合格し、しかも、学科試験は最後に警察管轄の試験場に行って、もう一回受けなければならない。内容も、95問中、90点以上で合格。試験は全部日本語で受けるし、引っ掛け問題などもあって、日本人にとってもちゃんと勉強しないと、一発合格は難しいといわれている。

先日、あんまり日本語は片言だけ喋れない中国人の知り合いが車を運転するのを見て、聞いてみた。免許はどうやって取れたかと。彼は、ちゃんと自動車教習所に通って、勉強して取ったと言った。彼の日本語レベルでは到底学科試験の合格は無理ではないかと思って、学科試験はどうしたかと聞いたら、意外な返事か帰ってきた。 彼によると、教習所での学科試験はちょっと誤魔化して、警察の運転試験所での試験は、試験同日早めに行ったら、その試験所付近で2千円~3千円払って、模範解答が買えるので、それを暗記したリ、小さな紙に回答を写して持って行くという形でやったと言った。彼の知り合いの中国人は殆ど同じルートで合格したと言う。これを聞いて、最初は吃驚!でも後は納得した。試験場での試験は毎日同じ問題が出るわけではない。どんな問題がでるかを分かって、回答を売るということはそれなりに警察の内部の人間と何らかの関わりがあるに違いない。

こんな風景は中国ではよく見られるが、まさか日本でもあるとは。そういえば、日本語があんまりできない中国からのお婆さんとかも免許を取って、車を運転しているのを見て、不思議に思ったこともあった。これで全部納得。例の知り合いは自分は免許とって4年間、一度も違反がなく、安全運転だと自慢げに言った。(笑)

中国では、”上有政策、下有対策”と言う言い回しがある。意味は、上に政策有れば、下に対策有り。つまり、上(政府)が新しい法律や政策を施行するたびに下の庶民はすぐにそれに対する抜け道を見つけてしまうと言う意味である。まさか日本でも言えるとは。。。

© 2011  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★ All rights reserved.

滑ったか。

先日、流通大学大学院受験を受けていた従弟から今日連絡があり、受験は失敗したという。受験らしい受験でもなく、15分の面接だけだったのに、結果は不合格。

ビザの問題で日本にい続けようとしたら、他の専門学校へ通いながら、来年の受験をするしかないが、本人はもうバイトなどで疲れ尽きて、中国へ帰ると言った。

私も不法滞在するより、未だ若いから帰国するほうがいいとアドバイスをした。日本より、中国でのチャンスがはるかに多いかも。。。

しかし、非常に残念な結果で、従弟は来日3年で、結局失敗という形での帰国。

一生懸命アルバイトをしていたが、来日する時に使った100万円近くの手数料、日本での授業料、生活費などを払うと、今いざ帰国しようとしても、残りのお金がないと言う。残っているのは、日本での経験、経歴だけ。。。

従弟の中国での健闘を願う。

© 2011  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★ All rights reserved.

「中国人が見た日本」 “「大国」の地位から転落してしまう!いつもびくびくしている日本”

2011年1月28日、中国人作家の魏遠峰(ウェイ・ユエンフォン)氏はブログに記事
「日本は『大国』であり続けることに疲れているのではないか」を掲載した。以下はその内容。
オバマ米大統領は25日(現地時間)、一般教書演説を行ったが、中国とインドの台頭については
繰り返し触れたものの、日本については一度も触れなかった。この件を日本メディアは大きく
取り上げているが、精神があまりにも脆弱だとしか言い様がない。
先日、日本メディアは中ロ関係に秋風が吹いていると報道。その間隙につけ込むべきだと提言していた。
中ロが利益をともにする戦略的パートナーシップを持っていることをまったく理解していない幼稚な
報道であり、他国のいざこざを利用して「大国」としての地位を保持しようという卑劣な考えでもある。
そもそも「大国」というものはなろうとしてなるものではなく、自然と認められるもの。
日本は「大国」になるため、あるいはその地位を守ろうとびくびくしている。
それではあまりにも疲れるのではないか?いっそ「大国」をやめてみてはいかがだろうか?
レコードチャイナ
http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20110130000/1.htm