タグ別アーカイブ: north korea

中国、金正恩を公式招請

中央日報日本語版 

中国政府が、北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の後継者である金正恩(キム・ジョンウン)を公式招待したと、国家情報院の関係者が4日明らかにした。
国会情報委所属のあるハンナラ党議員はこの日開かれた国会情報委に関し、「昨年12月に中国の戴秉国国務委員が平壌(ピョンヤン)を訪問した際、金正恩を公式的に招待したと、国家情報院の関係者が説明した」と伝えた。
続いて「金正恩の訪中時期については正確に把握されていない。北朝鮮の保安チームが中国で活動する様子が見えないため、近いうちに訪問するわけではないようだと話していた」と付け加えた。
金正恩の中国訪問と関連し、外交安保当局者も先月24日、「朝中間で協議が終わったと聞いている」と明らかにした。政府当局者は「金正恩が訪中する場合、1983年の金正日の最初の単独訪中と同じように、秘密裏に行われる可能性が高い」とみている。
昨年9月に金正日国防委員長の後継者として公式登場した金正恩の単独訪中は、金正恩が対外活動に活動幅を広げるもので、後継継承が速く進行していることを意味する。同時に、中国が金正恩を北朝鮮権力の後継者と認めていることを対内外に誇示するものとも受け止められる。金正日が80年、金日成(キム・イルソン)主席の後継者として公式的に登場し、3年後の83年に中国を訪問したように、これと同じ対中儀式を踏むということだ。
当時、金正日は中国の最高指導者のトウ小平、胡耀邦共産党総書記、趙紫陽首相ら指導者に順に会い、国賓級待遇を受けた。金正恩も手厚い接待の中、胡錦濤国家主席、習近平国家副主席らに会うと予想される。中国が何度か強調したように「先代から継続してきた朝中血盟」を強調するとみられる。
政府消息筋は「金正恩後継体制の後見の役割を受け持つ張成沢労働党行政部長(国防委員会副委員長)が1月初めに中国を訪問し、金正恩の訪中時期や方法、儀式などを議論したと把握している」と話した。昨年、金正日に随行していた張部長は1月から活動が減り、注目されてきた。
北朝鮮民主化運動メディアのデイリーNKは4日、「金正恩が中国の全国人民代表者大会が終わる14日以降に中国を訪問するだろう」とし「中国が金正恩に対して列車ではなく飛行機で訪問することを要請し、北朝鮮がこれを受け入れた」と伝えた。

「金正日総書記に7歳の息子」

産経新聞 2月12日(土)7時56分配信

【ソウル=黒田勝弘】近く満69歳の誕生日を迎える北朝鮮の金正日総書記に7歳になる息子がいるとの話が伝えられ話題になっている。母親はかねて“愛人”といわれていた秘書の金玉(キム・オク)氏で、2年ほど前に正式結婚しているという。
 韓国の保守系野党、自由先進党の朴宣映議員(国会・外交通商統一委員会所属)が伝えたもので最近、中国を訪れた際に中国の高官筋から聞いたという。
 金総書記の夫人についてはその存在が公式に明らかにされたことは一度もないが、何人かの女性との間に3男3女をもうけたというのが定説になっている。
 その中で後継者の三男、金正恩・党中央軍事委副委員長(29)は2004年に死亡した高英姫夫人(日本生まれ)との間の子で、日本のメディアによく登場する長男の金正男氏(中国滞在)は02年、ロシアで亡くなった元女優の成恵琳氏との子だ。
 金玉・新夫人はこれまで金総書記の外遊にも秘書として付き添うなど、以前から外部世界でも存在が知られていた。現在40代半ばで、高夫人の死後、同居・結婚説が流れていた。
 今回の“説”が事実とすると、金総書記は60代になってから新たに子供をもうけたことになる。父の故金日成主席にも生前、何人かの隠し子説があった。死亡2年前の1992年には、70代後半にもうけた5歳の女の子の存在が、写真を含め確認されたことがある。
 金日成主席には後妻だったが金聖愛・元女性同盟委員長という正式夫人がいて、海外訪問をはじめ夫妻で公式の場に登場することはよくあったが、金総書記は夫人を公開したことはない。現在、世界で最高指導者の夫人の存在が明らかにされていない国はほぼ北朝鮮だけである。

延坪島で50発以上着弾、民家にも 兵士2人死亡、住民など20人負傷

産経新聞 11月23日(火)19時5分配信

【ソウル=加藤達也】韓国合同参謀本部によると、23日午後2時35分ごろ、韓国が海の軍事境界線と定める北方限界線(NLL)に近い韓国西方沖の延坪(ヨンピョン)島と周辺の黄海水域に、北朝鮮側から砲撃があり、50発以上が着弾、多数の民家が炎上した。韓国軍が応戦し南北双方で交戦となった。交戦で韓国軍兵士2人が死亡、兵士や住民20人が重軽傷を負った。韓国側は、警戒水準を最高度に引き上げ、北朝鮮に対する警戒を強めている。
 現場付近の海域ではこの日午前、韓国軍が通常の射撃訓練を行っていた。韓国軍などの情報では、北朝鮮からの砲撃は1時間あまりにわたり断続的に加えられた。金泰栄国防相は、北朝鮮の砲撃は50発余りで、韓国軍の応戦は約80発だったとしている。韓国側は戦闘機を緊急出動させ、警戒水準を最高度に引き上げた。
 KBSテレビは、島の数カ所から黒煙が上がる様子とともに砲撃音を伝えた。着弾地付近の山林では山火事が起き、家屋60~70軒が炎上、住民は防空壕(ごう)に逃げ込んだり、漁船で脱出したりしているという。住民に多数の死傷者が出ているとの情報もある。韓国空軍は航空機で上空から監視、偵察飛行を続けている。
 この事態を受け、李明博大統領は青瓦台(大統領府)で安全保障関係閣僚会議を緊急招集し、対応策を協議、「断固対応し、状況を悪化させないため万全を期すよう」指示した。
 北朝鮮側は23日午前、韓国軍の訓練に対し、「射撃を行えば黙っていない」とする内容の通知文を送っていたという。
 NLL付近の海域では南北間の銃撃戦がこれまでにも起きているが、民間人が被害を受けた陸地への砲撃は1953年の朝鮮戦争休戦以降来初めて。北朝鮮は今年1月と8月にもNLL付近の海域に砲撃を加えていた。

北朝鮮映像 Rare look inside North Korea.

先月9月、CNN記者の北朝鮮取材レポート。

北朝鮮パレード

今月、朝鮮労働党65周年記念パレード。史上最大規模とも言われている。

CNN記者のレポート。

金正恩

金正恩
Vodpod videos no longer available.

1st collector for 金正恩
Follow my videos on vodpod