タグ別アーカイブ: soccer

金星根監督「李忠成を見て悲しくなった」

中央日報日本語版 2月1日(火)16時54分配信

「李忠成? 当然知っている。日本のテレビでゴールの場面を何度も見たから」。
プロ野球SKワイバーンズの金星根(キム・ソングン)監督は笑った。 しかしその笑いには苦笑も含まれていた。 「いま日本は李忠成のため大騒ぎだ。 親もインタビューも出てきて…。 李忠成の話ばかりだ。 でも私は少し悲しい」。

金星根監督「李忠成を見て悲しくなった」
金監督と李忠成(26)は在日同胞だ。 40歳以上の年齢差のため他の種目を選んだ。 しかし苦い記憶を共有している。 2人は同じだと考えていた韓国人から「半チョッパリ」という言葉を聞いた。
在日同胞4世の李忠成は04年に韓国U-18(18歳以下)代表チームに抜てきされた。 しかし期待した「歓待」はなかった。 むしろ「半チョッパリ」という冷笑が向けられた。 結局、李忠成は07年2月に日本に帰化した。
金監督は在日同胞2世だ。 1959年に在日同胞野球団所属で初めて韓国の地を踏んだ。 翌年(1960年)東亜大に入学し、永住帰国を決心した。 金監督も同僚や観客から半チョッパリという言葉を聞いた。 金監督は「永住帰国を決心するまではあまり悩まなかった。 しかし韓国に住み始めてから難しい問題があった。 私は韓国人なのに…。 韓国人と見ない人たちが多かった。 私は『必ず韓国で成功する』という意志が強く、人々の冷たい視線がここまで来る力になった」と話した。
金監督は日本に帰化するしかなかった李忠成の気持ちも理解している。 金監督は「多くの在日同胞が帰化をする。 なぜそういう選択をしなければならないのかを知れば、胸が痛む。 李忠成の場合、韓国人から冷遇を受けたからもっとそうだろう。 日本人の視線は知らない。 韓国の人たちは彼に冷たく接しないことを望む。 国も在日同胞の人権問題にもっと関心を抱いてほしい」と明らかにした。
金監督は「故国に帰って成功した在日同胞の成功例」だ。 李忠成が残した余韻が消える前に、在日同胞野球団と金星根(キム・ソングン)監督の生活を扱ったドキュメンタリーが韓日両国でほぼ同じ時期に放送(EBS2日、NHK6日)される。 金監督は「韓国を選んだ在日同胞の話が特別なものと見なされない日がくればいい」と語った。

<アジア杯>李忠成、日本を勝利に導く

中央日報日本語版 

李忠成がやり遂げた。
在日同胞で日本サッカー代表チームの李忠成は30日(韓国時間)にカタール・ドーハで開かれたアジアカップ決勝戦対豪州戦で、延長戦後半に値千金の決勝ゴールを決め日本を優勝に導いた。
延長前半に投入され最前方に就いた李忠成は、延長後半4分、長友の左クロス4073-260209-41529を左ダイレクトシュートにつないで決勝ゴールを決めた。決勝戦前まで1失点にすぎなかった豪州のGKシュウォーツァーも身動きできずにやられてしまった。李忠成は自身を選んだザッケローニ監督に走り寄り厚い抱擁を交わした。国際Aマッチ2試合目で入れたデビューゴールだ。
李忠成は2004年U-19(19才以下)韓国代表チーム候補として国内でテストを受けたがチーム入りはできなかった。在日韓国人をさげすむ「パンチョッパリ」という悪口まで耳にした。祖国の冷たい扱いは彼には大きな衝撃だった。その後日本で実力を認められた李忠成は、オリンピック代表に名前が挙がると、2006年9月に日本への帰化申請をして2007年に日本国籍を取得した。2008年の北京五輪では日本代表のレギュラーとして出場した。彼は当時、「大きな舞台でゴールを入れ世界に在日韓国人の可能性をアピールしたい」と話していた。帰化から4年で夢をかなえたのだ。

【中国ブログ】日中サッカーは「石器時代と工業時代の戦い」

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1109&f=national_1109_137.shtml

広州アジア大会のサッカー男子1次リーグA組が8日、厳戒態勢のなか行われ、中国と対戦した日本U-21代表は3-0で快勝した。開幕戦の勝利を目指して主力中心の編成で臨んだ中国に対し、日本は大学生を中心とした若い選手で臨んだが、結果は日本の圧勝に終わった。

  中国では控え組中心の日本チームに惨敗した中国チームに批判と失望の声があがっており、中国人ブロガーの熊迩軒氏は自らのブログで、「試合の内容・結果ともに、わが国と日本のサッカーは石器時代と工業時代の対戦のようだった」と肩を落とし、「わがチームが顔を上げてスタジアムを後にする日はいつになるのだろう」と語った。

  同じく中国人ブロガーの他郷故知さんは「わが国のスポーツ代表団のなかでもっとも残念かつ恥ずかしいのはサッカー代表団だ」と主張し、中国国内のプロリーグに所属する選手が出場しながらも、大学生を中心とした日本チームに負けたことを悔やんだ。

  また、ブロガー星星さんは、「中国チームのパフォーマンスはあまりにも幼稚だった」と語り、大学生を中心とした日本チームの前では、中国チームはまるで小学生のようだったと述べる。星星さんは、たとえ中国サッカーのレベルが低いとしても、ホームでの試合内容としては最低であり、メンツが立たないものだと批判。小学校の成績すら不合格レベルの中国チームが小学校を卒業できるのはいつになるのだろうと綴った。