タグ別アーカイブ: Tax

中国人観光客の海外ショッピングに陰 入国時の課税強化で

サーチナ 11月16日(火)14時28分配信

香港旅行に行く予定の中国人男性は「今回の香港旅行では何も買わずに北京に戻るかもしれない。同僚に頼まれたブランドのバッグやデジカメどころか、自分が買いたい物さえ無理かもしれない」と、旅行社のアドバイスで、ルイヴィトンのバッグやエスティローダーの化粧品、iPhoneを買物リストから削除した。
中国網日本語版(チャイナネット)によると、各地の税関では今、個人の荷物が5000元(約6万円)を超える場合は課税されており、20種の商品は全額課税という中国税関の「54号令」が厳しく実施されている。そして海外から帰国した旅行客が購入した商品に課税されるケースはますます増えているという。
この措置が始まったのは、ネットで注文を受けて海外で商品を購入し、個人荷物として国内に持ち込むという「海外代理購入」などの密輸を取り締まるためで、iPadiPhoneなどのハイテク製品や高級ブランドバック、化粧品などがチェックの対象になっている。しかし留学生やビジネスマン、海外の小売業者から、5000元というのは今の時代としては低すぎるのではないかという反発の声も上がっており、旅行会社の重点業務となっている「海外ショッピングコース」が影響を受けるという意見もある。
海外旅行業務を担当する華遠国際旅行社の関係者は「税関の検査が最近とても厳しく、特に香港、日本、米国、ヨーロッパから帰国する観光客に対しては、デジタル製品や高級ブランドバッグが検査の重点になっている。クリスマス前後の2カ月ほどは海外のバーゲンシーズンで、『海外代理購入』」の業者が商品を大量に仕入れるため、税関は特に厳しい措置を取っているようだ」と話す。
前述の男性によると、旅行会社の再三のアドバイスで、同行の人たちも携帯電話やパソコン、高級ブランドバックを買いたかったがあえて買わなかったという。「化粧品を持って入っていてチェックされた人もいた。税関は、9点もの化粧品は自分用ではないことから課税するというが、スキンケア用品と化粧品の種類は非常に多く、シャンプーやハンドクリームなどそのシリーズだけでも何十個にもなる」と尚さんは不満げだ。
大陸の観光客が香港で多く購入する商品は、バッグ、腕時計、化粧品。もし8000元分(約10万円)の化粧品を買うと、3000元(約3万7000円)分が課税されて1500元(約1万9000円)を納めなければならない。また5万元(約62万円)の腕時計なら1万5000元(約19万円)の課税となる。これでは国内で購入すると同じ価格だ。

感想:これは困ったもんだ。今現在、Ipadに人民元1000元課税されているらしい。例えば、日本で一番安いのは iPad の 16GB+Wi-Fiモデルで48,800円。

中国で発売されている iPad の16GB モデルは”ITmedia News“によると3988元なので、日本円で約49,791円。関税をプラスするくらいならば中国国内で購入したほうが安いかも。国内消費を拡大しようとする中国政府の意図があるかも知らないが、6万円以上で関税とはちょっと酷い。。。ちょっとしたいいパソコンを買っていくのも課税対象。しかし、やはりこれは中国式のやり方。何かをやろうとしたら、直ぐ出来るのが中国。この関税にしても、幾つかのネットサイトの閲覧封鎖もそう。

この私のブログが何故中国で開けないかを調べたら、大手のGoogleサイトと一緒に、このブログの提供者WordPressも中国政府のネット封鎖に対して、強く反対を示していることで、ブログの内容に関係なく、WordPress提供のブログは中国では開けない状態だという。今流行のTwitterも、Facebookも、YouTubeも中国では開けない状態。これに便乗して、現在、中国国内の大手のブログサイトはこの何十万人のWordPressユーザーを取り込もうと、無料のWordPressから中国国内サイトへの引越しサービスを開始したという。(例:中国の新浪網、QQサイトなど。) 私も暫く様子を見て、中国のサイトへ引越しすることになるかも、、、、

それにしても、このグローバルな時代に、一体中国政府は何をやってるんだと言う感じがして止まない。。。。

© 2010  ★♂★ 東瀛浪子 ★♀★ All rights reserved.